森裕紀の紹介

森裕紀の紹介

 

 

陶業会館代表。
電動ろくろによる作品作りを得意とする。
すべての作品を通してのテーマは「自然」「やさしさ」。
最近は手びねりによる人形作りの楽しさに目覚めつつある。
本人曰く、「ロクロは極めてしまったので仏門に入り地蔵を作っている。(笑)」とのこと。

  • 好きな作品:壺、花入れ
  • 好きな装飾:白化粧

紹介パンフレット → [ 森裕紀の紹介 (PDFファイル 656KB)

 

近年の活動

 

陶歴

1982

徳島県鳴門市大麻町に生まれる

2002

京都府立陶工高等技術専門校卒業

大谷焼陶業会館(梅里窯)にて作陶を開始

徳島県美術展 初入選 〈以後数回〉

2005

「阿波の匠」展(六本木AXSIS) 経済産業省JAPANブランド育成支援事業

「阿波の焼物 大谷焼展」(全国伝統的工芸品センター・池袋)

 〈以後2011年まで毎年出展〉

2006

全国伝統的工芸品展 WAZA2006出展(TOBU池袋店)

全国伝統的工芸品展 入選 〈以後数回〉

2007

第22回 国民文化祭・とくしま2007 入選

2008

テレビ東京 「TVチャンピオン2 (陶芸王選手権)」 優勝

2014

陶業会館代表に就任

 

森裕紀作品








HOME 窯元の紹介 陶芸家・作品の紹介 陶芸体験 アクセス方法・地図