森悦光の紹介

森悦光の紹介

 

 

陶業会館初代・春本三次郎氏(父)の跡を継ぎ前代表(二代目代表)を務める。
“黄金焼”と呼ばれる金色にいぶした技法が持ち味。
タララや置物といった手びねりによる作品作りを得意とする。
大谷焼伝統工芸士。

  • 好きな作品:タタラ、置物(人形、蛙、ふくろう)、ランプ
  • 好きな装飾:象嵌

 

陶歴

1948

徳島県鳴門市大麻町に生まれる

1968

羽衣学園短期大学卒業

1975

陶業会館春本にて、大谷焼を販売しつつ、土作り等の下仕事を始める

1979

父・春本三次郎を手伝って穴窯を築く

1981

徳島県美術展 初入選 〈以後数回〉

1998

明治神宮へ黄金焼〆花入奉納

2001

父・春本三次郎の後を継ぎ陶業会館の代表となる
陶芸文化振興財団 抹茶茶碗コンテスト 入選 〈翌年も〉

2003

陶業会館(春本)を陶業会館(梅里)と改名

2005

「阿波の匠」展(六本木AXSIS) 経済産業省JAPANブランド育成支援事業
「阿波の焼物 大谷焼展」(全国伝統的工芸品センター・池袋)
 〈以後2011年まで毎年出展〉

2006

伝統的工芸品展 WAZA2006出展(TOBU池袋店)

2007

第22回 国民文化祭・とくしま2007 入選
全国伝統的工芸品展 入選

2008

「阿波の匠〜大谷焼と鳴門観光」(ふるさと情報プラザ・有楽町)

2013

大谷焼伝統工芸士に認定

 

森悦光作品



HOME 窯元の紹介 陶芸家・作品の紹介 陶芸体験 アクセス方法・地図